開院4周年

こんばんは。

本日、9月3日は名古屋みらい動物病院の開院4周年の記念日でした。

今年は特に何もしていませんが(^^;

当院は2012年9月3日に開院しました。

今日その話をうちの子供たちにしたら、「ドラえもんと同じ誕生日だ!」と言っていました。

すごく驚きました。

なぜかというと、そもそも「みらい動物病院」の「みらい」は、何から名付けたかというと、わたくし院長の好きな色が青と白の組み合わせだったので、

青と白 → ドラえもん → みらいからやってきた → みらい動物病院!

と連想させて名付けたからです。もちろんドラえもんの誕生日なんて意識したことはありません。

しかも! 今日調べたら、ドラえもんの誕生日は、2112年9月3日ということだそうです! 100年違い!

偶然でも、なんだか運命的な感じで鳥肌が立ちます(>_<) 何はともあれ、4周年のこの日を迎えられたのは、当院を支えていただいた、皆さんのおかげです。 今や、名古屋でも屈指の動物病院激戦区の天白区ですが、ドラえもんのように皆さんに永らく愛される存在でいられますように日々努力を重ねていきたいと思います。 それでは、5年目の名古屋みらい動物病院もよろしくお願いします!m(_ _)m


内視鏡を導入しました!

こんにちは。
このたび、天白区の名古屋みらい動物病院では消化管内視鏡を導入しました。

フジの「Sapientia FTS system 4400」です。
消化管内視鏡

口からではなく鼻からの内視鏡検査を可能にするために人用に開発された機種ですので、スコープの太さは、なんと5.9mm! 従来型のスコープでは難しかった超小型犬や猫でも、食道・胃・十二指腸の観察を可能にします。
endoscope_img-2 endoscope_img-3

・飲み込んだ異物を開腹することなく摘出したい
・治らない吐き気の原因を追求をしたい
・胃カテーテルの設置を考えている

などなど、内視鏡でなければできない獣医療を、みなさまに提供していきたいと思います。

ちなみに人間と違って動物では全身麻酔をした状態でないと内視鏡検査を行うことはできませんのでご承知おきください。
ご不明の点はお問い合わせください。


Fixinロッキングプレートシステムのセミナー

6月23日木曜日に大阪での勉強会に参加してきました。骨折の治療に用いる最新のプレートシステムの勉強会です。

従来のプレートに対して、ロッキングプレートは骨自体に圧迫を加えないため、骨折を治そうとする体の反応自体を邪魔しづらくできています。また、固定力自体も従来のプレートに比べて高く、手術後にプレートがズレづらい特徴を持っています。
そしてこのFixinのロッキングプレートは、イタリアのイントラウマ社が動物専用に開発したプレートシステムであるため、他社の元々人用に開発されたロッキングプレートに比べて、薄く小さく動物に適したサイズ・形状に開発されています。

午前9時からのスタートに間に合うように、野並駅に7時前に到着。名古屋駅から新大阪に向けて新幹線に乗りました。
なんと、開業してから初の新幹線、初の県外です。新大阪までのおよそ50分間、少し優雅な気分を味わえました。

新大阪に到着♪
20160623shinosaka

実習は、他に参加の獣医さんと2人一組で、交代交代で骨の模型の骨折を治す実習形式です。
が、なんと、僕の相方予定の先生だけが急遽欠席ということで、実習時間を独り占めすることができました。
20160623-01

 

最新のFixinロッキングプレートを使って治した骨折模型がこちら!
20160623-0220160623-03

この通りに実際に手術できれば、骨折は治るでしょうね。

とはいえ、最新の道具を使って治療することが、最良の治療とは限りません。従来のプレートを使ってしっかり治せる骨折の方が多いでしょうし、その方が安価です。

また、面白いことに骨折はあまり強力に固定しすぎると骨がダメになってしまうのです。簡単に言うと、プレートが強力に体重を支えてしまってはプレートに支えられた部分の骨の仕事がなくなって骨がもろくなってしますのです。

骨折治療の基本原則を理解しつつ、最新の道具や方法があればそれに越したことはないでしょうから、今後導入していきたいと思っています。

新大阪で他に何かしたか?
いえいえ、その日のうちに名古屋にとんぼ返りの強行軍です。
駅で子供達にお土産を買って帰りました。長男にビリケンさんの箸を買っていったら予想以上に喜んで使ってくれているので、今回の一番の収穫は「ビリケンさん箸」だったかもしれません(笑)


第2回 応急処置セミナー開催のお知らせ

こんにちは。蒸し暑いですね〜。

問い合わせを多くいただいておりました、応急処置セミナーに関するお知らせです。

第2回の開催が決定しました。

2016年 7月16日 土曜日 13:30〜15:30の予定です。

内容は基本的に前回と同じ、

・犬の正常なバイタルサインとは
・心肺蘇生について
・緊急を要する事故
・緊急を要する病気

ですが、熊本の地震のこともありましたので、

・災害時のマイクロチップの有用性

も加えたいと思います。

参加費は、2,160円(税込)

参加定員は5家族様までとさせていただきます。避妊去勢手術済みで、落ち着いて待っていられるワンちゃんは同伴OKです。

心拍数・脈拍数の取り方や、体温測定など、実習形式の内容も少し行う予定です。

6月13日現在、すでに申し込みが2組ありましたので、参加希望の方は 052−838−9009 までお早めにご連絡ください。