猫の社会化と馴化(じゅんか)

どうもこんにちは。なかなかブログを更新しない院長です。

当院では、「犬の社会化」に関してはパピークラスの開催など、力を入れています。犬の社会化期は生後4か月くらいまでで、この時期を過ごすとなかなか新しい環境(知らない人、知らない犬、知らない場所など)を受け入れることが難しくなります。

生後4か月までに子犬をどう過ごさせるか。これが将来の犬の人格(犬格)を決定させているんだということを意識してください。

ところで、猫はどうなのか?

これが、なかなか難しいのです。

猫の社会化期は生後8週くらいまでと言われています。つまり生後2か月未満です。

つまり一般的な家に迎える時期には猫の社会化期は終わっているのです。( ̄◇ ̄;)

じゃあ何もできないのか?

「社会化」はできなくても、「馴化(じゅんか)」できるはずだ!ということで実験くんです。

もともと保護猫の虎鉄(こてつ)くん。推定生後2ヶ月過ぎから毎週欠かさず病院に来ていた結果、こうなりました!

kotetsu1 kotetsu2
診察台の上でゴロゴロする虎鉄くん8ヶ月です。

馴化とはつまり慣れること。小さい頃から毎週病院に来て遊んでいたらちゃんと嫌なことが起きる病院にも慣れることを証明!

ちなみに決して虎鉄くんが、おっとりしているからというわけではありません。生後6ヶ月の去勢手術の時には、それはそれはお怒りになられていました。
(=ΦÅΦ=) shaaa-!!

ペットがなるべくストレスを感じずに過ごしてくれることは、飼い主さんの幸せでもあるでしょう。こんな方法もあるんだということを是非知っていただければと思います。


犬の「社会化」について考える

6月に入り、犬の狂犬病予防注射やフィラリア予防で混み合った院内も、平和な日々に戻りました。個人的には、気合(魂)が抜けていってしまうので忙しい方がいいんですけどね(^^;

今回はパピークラスに関連して、犬の「社会化」について知っていただきたいと思います。

「小学校の頃の得意科目でした!」

それは社会科!! ヽ(#゚Д゚)ノ┌┛)`Д゚)・;’

 

・・・冗談はさておき、ここ最近はパピークラス(子犬のしつけ教室)の参加の希望の方が多く、また皆さん熱心にご家族で参加される方が多かったので、会場である待合室もやや手狭な感じになっていましたが、みなさん無事卒業され、だいぶゆったりとした教室に戻ってきました。

昨日9日は、新規で2家族、継続3回目で1家族のご参加でした。
新規の方は、なんと! 岐阜県からご参加で、パピークラス史上もっとも遠方からの参加の記録を更新しました!
(ちなみに、今までは三重県からご参加の方。診察でもっとも遠方から来られる方は千葉県から。)
みなさんのペットにかける想いに頭が下がります。ご期待に応えられるよう努力・改善を重ねます。
pappy1 150609
初参加のキャバリアの男の子、ウェルシュコーギーの女の子。緊張した様子は見せながらもお互いに距離を図りながら遊びに誘っています。
飼い主さんの役割として、遊びが無秩序にならないようにケンカにならないように、適切なタイミングで飼い犬に介入します。子犬期(社会化期)にしかできない犬同士の勉強。そしてなによりも飼い主さんの勉強が必要です。

pappy2 150609
3回目のトイプードルさん(女の子)は、駆け回る2人と距離を常に保ち、なかなか一緒に遊ぶことができません。椅子の下に隠れたり、人の影に隠れたりしています。
単純に怖がりだからというだけではなく、距離感が近すぎる相手(特に子犬)に対する対処の仕方が分からないことも大きいでしょう。
もしこの子がパピークラスに参加することなく成犬になった場合はどうなるでしょうか?
犬の集まる場所(動物病院・公園)に行くたびに激しいストレスを感じることになります。

パピークラスに参加すると、飼い犬すべてが他の犬を好きになるわけではありません。でも、人間社会そして犬社会で生きていくための基礎を作ることができます。すなわち社会化ですね。
そのチャンスを愛犬に提供できるのは飼い主さんしかいないのです。

人も一緒ですね。人好きでなくても、人付き合いが上手になると、仕事もプレイベートも充実するでしょうね。

子犬を飼い始めた方も、これから子犬を飼おうか検討している方も、そして犬を飼っていない方も。人と同様、犬にも社会化が必要かつ重要であることを知って下さい。

「脱走した犬が人を咬んだ」などのニュースも最近よく耳にします。社会化という概念を知っていればそういったニュースもまた違った視点で考えることができるのではないでしょうか。
訓練やしつけ以前に、その犬が、「社会化」されていたかどうかも重要なことと言えます。


犬のデンタルセミナー開催のお知らせ

こんにちは。師走に入り今年のラストスパート!

ということで12月20日土曜日に犬のデンタルセミナーを開催いたします。

これから犬の歯磨きに本格的に取り組みたい飼い主さん向けのセミナーです。

  1. 歯磨きをする際に知っておきたい情報を獣医師から。
  2. 犬が苦痛を感じることなく楽しく口を触るための方法をドッグトレーナーから。
  3. 歯磨きのケアグッズの紹介を動物看護師から。

他ではなかなか体験することのできないコラボ企画です!

【内容】
・犬の歯の解剖学
・歯垢と歯石とは?
・歯周病について
・犬の口の中を上手に触るためには -ドッグトレーナーからのプロのアドバイス-
・歯のケアに有効なグッズの紹介
・質問タイム

【開催】
12月20日(土)13:30から1時間ほど。ご質問は遠慮なくどうぞ。

【対象】
歯磨きを頑張りたい愛犬と飼い主さん。当院が初めて方もOKです。
愛犬と一緒にご参加頂けます。(興奮をしてしまう子の場合は飼い主さんのみでのご参加をおすすめします)

【費用】
1500円(税込み)
※参加記念品を差し上げます

【定員】
8家族まで。先着順

【申込】
お電話か病院受付にて

歯磨きをすることで口臭を防ぎ、歯周病の予防をすることができます。歯周病は色々な病気の原因となります。適切な歯磨きで健康なお口の環境を維持しましょう♪
デンタルセミナー


パピークラス(2014年10月11日)の様子

本日パピークラス初参加のケンタ君3ヶ月。着ぐるみをかぶっているわけではありません。
秋田犬
秋田犬
かわいいですね〜(◍•ᴗ•◍)

この時期から動物病院で楽しい練習会をすることで、診察台上で震えたり、病院スタッフに怯えたりをすることなく、病院内でも落ち着いて過ごすようになってくれます。