必要なの? 猫のフィラリア予防

こんにちは。だいぶ気温も高くなり、飛び回る蚊を見かけるようになりました。
今回は予告通り、猫のフィラリア予防について書いていきます。

猫のフィラリア予防を知る上で知っておかなければならないのは、犬のフィラリア予防についてです。

2012年9月に当院は開院しましたが、開院初日の最初に来院したワンちゃんがなんとフィラリア症でした。このことからも分かるようにまだまだ油断をすると感染してしまうリスクの高い犬の病気が「フィラリア」です。

解説すると長くなるので、興味のある方はこちらをどうぞ ”メリアル社「犬のフィラリア症について」

簡単にまとめると、「フィラリアという寄生虫が蚊の体内に潜んでいます。その蚊が犬の血を吸うときに時に、フィラリアが大好きな犬の体内に侵入。犬の血管に侵入し肺動脈ですくすくと成長し、成虫になります。そしてフィラリアがさらに何匹も侵入してくると心臓や肺に致命的な障害を与えてしまいます。」といった感じです。

このフィラリア症は安全に100%予防できます。予防薬には、毎月1回使う飲み薬や背中に垂らすスポット剤と、年1回の注射で済む注射タイプが主に使われています。
犬にとってフィラリア予防は間違いなく必須のものでしょう。

「で、猫には必要なの?」

そうです、それが今回のテーマです。

獣医師である僕の立場からすると、

「しといた方が多分いいですよ。猫もフィラリア予防。」

くらいのニュアンスになるかと思います。

猫のフィラリア症といっても、猫に侵入を試みてくるのは犬フィラリア幼虫です。犬フィラリアからすると猫の体は相性がよろしくないようで、多くのフィラリア幼虫は体に侵入しても心臓・肺動脈にたどり着く前に幼虫のまま死に絶えてしまいます。ただ、一部が成虫まで発育します。
犬の心臓より小さい猫の心臓にフィラリアの成虫が与える影響が大きいことは想像できます。

また、犬の場合、フィラリアに感染しているか否かは血液検査で比較的容易に正確に確認できます。
猫の場合はなかなか容易に判定できないのが特徴です。
犬で行う春の予防薬投与前のフィラリア検査は、猫では意義が少ないため行いません。(検出率の問題や、副作用の要因になるミクロフィラリア血症が少ないから)

近年の野良猫を調べた調査では、およそ10%の猫の心臓内にフィラリア成虫が認められたそうです。
これは致死的な寄生虫感染症としては高い数値といえると思います。
屋内で飼育している猫ではもちろん野良猫よりずっと感染の危険性は低いでしょう。

でも予防薬で100%防げるとすると予防した方がいいんじゃないかと・・・思いませんか?

「うんうん。そう思う。」
という方は是非予防してあげてください。

「いや、うちの子は確率的に必要無いのでは」
という方はそれも一つの意見と思います。

何でもかんでも予防すればいいというわけではないと思います。
例えば完全室内飼育の猫にノミマダニ予防を勧めるメーカーなどもあるようです。最終的な判断は飼い主さんに委ねられますが、そこまでする必要はないのでは?と個人的に思います。
(ちなみに過去10年で3回だけ完全室内飼育の猫にノミが感染した例を診ました。人を介して玄関から侵入したのかもしれません。その他ベランダに出る子だと感染する危険性は少しあると思います。)
猫のフィラリア予防はそれを考えた場合、重要性の比較的高い予防と言えるのではないでしょうか。

ご不明の点はお問い合わせください。

猫


11種混合ワクチン導入とレプトスピラ予防の必要性

キャナイン11キャナイン11
この度、犬の混合ワクチンの9種混合を廃止し、昨年発売された11種混合ワクチン(京都微研キャナイン11)を導入いたします。

当院ではこれまで犬の混合ワクチンは、

・6種混合ワクチン
・9種混合ワクチン

の2種類を用意し、生活環境から選択して頂いて接種していました。

6種混合と9種混合の違い。。。 単純に3種類 多く予防していそうに見えますが、実際のところは、「レプトスピラ症」を予防するか、しないかの違いです。

レプトスピラとはなんぞや?(。-`ω-)ンー

【レプトスピラの特徴】

  • 細菌である(その他混合ワクチンで予防しているのはウイルス)
  • 哺乳動物の腎臓で定着・増殖し、尿に排出
  • 野生動物ではネズミが保有動物として問題
  • その尿に汚染された水や土に接触すると皮膚や粘膜から侵入・感染
  • 感染すると発熱などに始まり、最悪、肝不全・腎不全などで死亡する
  • 人にもうつる「人畜共通感染症」で、診断されたら保健所に届ける必要がある
  • 犬は例年全国で19〜165件の症例報告あり(1998〜2007年)
  • ほとんどの犬が8〜11月に感染・発症
  • ワクチンでの免疫維持期間が短い(半年〜1年?)

(人にうつるとは言っても、ペットから人に感染した報告は日本では1例しかないそうです。人では野生動物からの感染が年間20例ほどだそうです。)

厄介なことにレプトスピラには非常に多くの亜型が存在し、それぞれの亜型に対してのワクチンを接種しないと予防することができません。

7種・8種混合はレプトスピラを2つ予防、9種混合はレプトスピラを3つ予防、11種混合はレプトスピラを5つ予防していることになります。
日本で発生が確認されているレプトスピラを、A・B・C・D・E の5つの型に分けるとすると、

【各種混合ワクチンで予防できるレプトスピラ型(イメージ)】

  • 7種・8種・・・レプトスピラ A・B
  • 9種・・・・・・レプトスピラ A・B・C
  • 11種・・・・・レプトスピラ A・B・C・D・E

ここで注目すべきデータをお伝えします。
なんと、2007〜2011年の国立感染症研究所の調査で、AとBはほとんど検出されず、Cが最も多く検出され、次にDとEが検出されたのです。
つまり、レプトスピラの予防には7種・8種混合はカバー範囲がかなり狭く、9種でもカバーが不十分である可能性が示されたのです。

レプトスピラの予防が不要な子には6種混合をお勧めします。

キャンプ場に行く、川・沼・田んぼに入る、野生哺乳動物が生息する場所に入る、多くの動物と接触するなどレプトスピラの予防が必要なわんちゃんには11種混合の接種をお勧めします。

「数が多いと何だか副作用が心配だわ・・・」という声は実際に多いですが、メーカーによると9種混合と比べて特に副作用が多いという報告は今のところないというお話でした。当院でも特に副作用は発生しておりません。(2015年7月更新)

そしてお値段は少し高くなります。9種混合ワクチンより200円高くなり、7100円(税別)とさせていただきます。

ご不明な点はお問い合わせ下さい。  名古屋市天白区 名古屋みらい動物病院 院長

 

注:分かりやすくするためにレプトスピラをA〜Eと表記しましたが、実際の名前は、A=カニコーラ、B=イクテロヘモラジー(コペンハーゲニー)、C=ヘブドマディス、D=オータムナリス、E=オーストラリス を指しています。


新製品のご紹介 ー ネクスガード ー

先日3日の木曜日に名古屋国際会議場で開催された、アレルミューン・ネクスガード発売記念講演会に参加してきました。

アレルミューンはアトピー性皮膚炎の新しい治療薬。
ネクスガードはノミ・マダニの駆除予防薬で今までなかったチュアブルタイプ(おやつ型)の新商品です。

今回はネクスガードを紹介します。革新的なアトピー治療薬のアレルミューンは次回ご紹介します。

ネクスガード冊子アレルミューン

チュアブルタイプのフィラリアの薬は以前から広く普及していますが、ノミマダニの予防薬では初めてです。フロントラインを代表とする背中に垂らすタイプが主流でしたが、もしかするとこの商品の登場によってチュアブルタイプがノミマダニ予防の主流になるかもしれません。

ネクスガード裏面 ネクスガード

使用法は毎月1回食べさせます。90%の犬が喜んで食べてくれるとのことです。ごはんに混ぜても構いません。
大豆を主原料として牛肉風味がつけてありますので、食事アレルギーのわんちゃんは使用を避けた方が無難でしょう。
垂らすタイプは犬の体の表面に広がるため、触った人間の手にも薬剤が付着することになります(もちろん基本無害ですが)。
ネクスガードであればその心配はないですし、シャンプーをたくさんしても影響はありません。

さて、重要な価格ですが、・・・

さすがにお高い・・・(TдT)

数あるノミマダニ予防製品の中でも最も高いのではないかと思います。

【当院の処方価格】
〜4.5kg 1400円(税別)
〜11kg 1550円
〜27kg 1700円
〜55kg 1900円

今のところ〜4.5kgまでのサイズのものを在庫していますので、4.5kg以上の子で試してみたいという方はお申し付け下さい。

〈2014年7月22日追記〉
ネクスガードは好評なため、27kgまでのサイズのものは常時病院に揃えておくことにしました。
食べがかなりいいようですね。

〈2015年4月24日追記〉
春の予防シーズンに入りましたが、想像を上回る人気です。今まで背中に滴下するタイプを使用していた方も、実は滴下タイプに対する不満点があったようで、美味しく食べてくれるタイプなら切り替えたいという方がたくさんいらしてびっくりしています。
わんちゃんに対する安全性に関しては、今のところ副作用は1件も見られていません。


ワクチン接種のおまけ

ただいま当院でワクチンを接種した犬・猫・フェレットの飼い主さんにプレゼントを差し上げています。
ワクチンのおまけ

扇子です。先着順で、1家族1つとさせて頂きます。限定40個で、残り30個をきりました。
これで暑い夏を乗り切りましょう!

また、6月から動物看護師が一人増えました。日曜日のみの勤務ですが、よろしくお願いします。
後日、病院ウェブサイトにアップさせて頂きます。