危険な異物誤飲 -チョコレート-

こんにちは。
久し振りになってしまいました。

2月といえばバレンタインデー! といえばチョコレート!

なんと、いつの間にか3月。。。

とはいえ、年間を通して来院・問合せが多い、身近な異物誤飲の代表、チョコレートについて取り上げます。

まず始めに意外と思われるであろうことを書きます。

「私はチョコレート中毒なるものを1度も診たことがありません。」

それは何故か? 理由をヒモ解いていきましょう。

原因

チョコレート中毒は、「テオブロミン」という成分が原因となって起こります。

症状

摂取から1〜4時間以内に嘔吐・下痢・震え・興奮・不整脈・高体温・痙攣発作・昏睡などの症状を起こします。

どれくらい食べたら中毒を起こすの?

文献により大きく違いがありますが、中毒量は体重1kgあたり約20〜92mg以上とされています。
(中毒量参考文献:20mg=犬と猫の治療ガイド2015、92mg=Handbook of veterinary emergency protocols DOG and CAT)

ちなみにスーバーやコンビニで売っているM社やL社のミルクチョコレートは現在1枚50gで、およそ100〜125mgのテオブロミンを含んでいます。

例えば、4kgのトイプードルが◯eijiミルクチョコレートを何枚食べたら中毒を起こすか?
→ 答え:1〜3枚ほど
※ ネギ中毒同様個体差が大きいので注意!

対処・治療法

  1. 少量であれば、
    様子を見てよいでしょう。(ただし、チョコレート中毒ではなく、下痢などの心配はあります)
  2. 不安がある量を食べてしまったら、
    • 2時間以内・・・動物病院で吐かせる処置を受けましょう。
    • 2時間から6時間程度・・・念のため動物病院を受診しましょう。
    • 半日以上経っていたら・・・無症状なら様子を見ましょう。
  3. 中毒症状が出ていたら、
    緊急事態です。動物病院で集中治療を受けましょう。

まとめ

チョコレートを食べても大事に至ることが少ないのは、結構な量を食べないと中毒を起さないからでしょう。
今回の記事を参考に、食べたら危ない量を普段からイメージしておきましょう。
最近では「カカオ70%」のようなカカオの濃いチョコレートも人気ですので、もしかすると今後チョコレート中毒を起こすワンちゃんが増えるかもしれませんね。

ちなみに、猫でチョコレートを食べちゃったという話は聞いたことがありません。猫は苦味が非常に苦手なのと、実は甘みを感じていない(らしい)ことが関係しているのかもしれません。

※2017年3月3日、文章中中毒量の表記を訂正しました。


危険な異物誤飲 -タマネギ中毒-

こんにちは。
寒い日が続いていますね。

さて、前回からの続きです。

危険な異物誤飲リストから身近なものをピックアップ!

今回は、

タマネギ中毒について

です。

犬や猫はタマネギ食べちゃダメ!ということはご存知の方が多いと思います。

「タマネギ」中毒とは言っても、にんにく、ネギ、ニラなどのAllium科に属する植物を摂取すれば同じ中毒を起こします。

原因は?

ネギ類に含まれる、n-プロピルジスルフィドという化学物質により、血液の主成分である赤血球の膜が酸化されて壊れてしまうことが原因です。
特に犬と猫で中毒を起こしやすいので注意が必要です。猫は犬より少量で中毒を起こすことが知られていますが、猫のタマネギ中毒に出会ったことは私自身は一度もありません。

どれくらい食べたら中毒を起こすの?

気になるところですね。
およそ体重の0.5%以上ほど、つまり体重1kgあたり5g以上を摂取すると危険ということになります。
厄介なことに、加熱しても、細かく切っても、煮込んでも、と調理済みでもその毒性は変わりません。
またネギ類と一緒に煮込んだスープでも中毒を起こすおそれがあります。
経験的には、中毒の起こしやすさには個体差が大きいのではと感じています。

症状は?

最も問題になるのは、赤血球が壊れるので貧血が進むことです。重症であれば輸血が必要になるほどです。場合によっては死亡する危険もあります。

ネギ類の摂取から、早ければ数時間後から、

  • 元気がなくなる
  • 食欲不振
  • 嘔吐
  • 震え

などの症状が出始めます。

その後、血液もしくはコーヒー色の尿をするようになったら一大事です。これは赤血球が壊れて中の色素が血液中に放出されて、尿に溢れ出してきていることを示します。
血液検査で貧血の進行の度合いを時間を追ってチェックする必要があります。

経験的には摂取から3日間を過ぎても何もなければ大事に至ることはないようです。

対処・治療法

特効薬はありません。
食べてから2時間以内なら動物病院で吐かせる処置を受けましょう。

時間が経ってしまっていたら、、、
いっぱい食べていそうなら動物病院を受診しましょう。点滴や吸着剤などが多少の効果を発揮するかもしれません。
ごく少量であれば、症状がでないか注意深く観察しながら何も起きないことを祈ります。

症状が出ていたら
緊急事態です。動物病院を受診し、血液検査や適切な治療が必要です。状況によっては入院が必要でしょう。
貧血が進行するようなら輸血を検討します。摂取から5日間以上貧血が進行し続けることもあります。

症状が快方に向かえばひとまず安心です。

まとめ

タマネギ中毒は非常に身近なものが原因で起きる中毒の一つです。
タマネギくわえてムシャムシャ食べました!ってワンちゃんは、少なくとも私は見たことがありません。
ほとんどが、調理済みのネギ料理を盗み食いした、だとか、ゴミ箱をあさった、とかで起きます。
なかには、「昔の犬は大丈夫だった!」と胸を張ってネギ料理を食べさせてしまう例もあります。
え〜、昔も今も犬は犬です。昔の方が日本犬が多く、相対的に体が大きくて大丈夫だっただけでしょう。

まとめの一言、

タマネギ食ったらなるべく早く動物病院で吐かせる!

 

See you next…


チャレンジすることの大切さ。

サブCBC

血液検査をしてこんな数値が出たら何を考えるか。。。

これは当院で実施した生きている猫さんの血球検査の結果です。医療に関わる方であれば驚異的な数値であることが分かるかと思います。
ヘマトクリット値が4%、血小板は限りなく0に近い数値です。紫斑も出現していました。
生きていることが不思議なくらいの貧血であり、採血した血液は半透明な赤色でした。

当院への来院当日まで他院で通院治療をしており、なおかつ致死的な感染症を患っていることが明らかになっていました。さらに来院時は横倒しでほぼ意識のない状態でしたので、見込みとしてはもはや手遅れで助からない状況であろうと思われました。

見込みがかなり厳しい旨をお伝えし、治療するとなると相当額のお金もかかることを飼い主さんにお伝えしたところ、「治療する!」とのお言葉・・・
実のところこの状況で治療を希望される飼い主さんは少ないこともあり、その言葉に驚きつつ、やるからには全部やってやろう!と気合いを入れ直し、入院治療を開始しました。

急速大量輸血、インターフェロン、低分子ヘパリン、タミフル、抗生剤、チューブフィーディングなどなど、集中治療の結果、

見事生還!

サブ1サブ2

いや、治療しておいてなんですが、ビックリです!

気合いや熱意で動物を治すことはできません。
あくまでも冷静で客観的なデータ収集・分析、確かな知識と状況判断から、診断治療をすることで動物を治します。

でも、獣医に気合いや熱意がないと飼い主さんは治療に踏み切ることができないですし、結果的に動物を助けることもできません。
チャレンジしないと助かるかもしれない命は救えません。

「チャレンジして失敗することを恐れるよりも、何もしないことを恐れろ。」
ホンダの創始者、本田宗一郎の言葉です。

何も考えずにチャレンジしちゃう獣医さんも考えものでしょうが、頭でっかちでチャレンジしない獣医さんもいまいちですね。

飼い主さんにお電話したところ、退院後もすごく元気に過ごしているそうです。

治療させて頂きありがとうございました。この経験を活かして他の子にもより良い獣医療を提供していきます。


猫の慢性腎臓病 其の3

6月ですね。暑いですね。自分が子供の頃はさすがに梅雨前にこれだけ暑いことはなかった気がします。
くれぐれも熱中症に気をつけましょう。病院を受診する熱中症の動物のほとんどが車中への放置です。
仮に10分間だとしても非常に危険ですので、細心の注意を払ってあげて下さい。

さて、今回は猫の慢性腎臓病の第3回です。今回が最終回ですが、よく受ける質問の中で重要なものをピックアップしてみます。

問.食べなくて困っています。体重も徐々に減ってしまって。どうしたらいいですか?

答.これは腎臓病の猫さんでもっとも多い悩みで、解決が難しい問題です。
食べない腎臓病食を頑張って続けて痩せるよりも、食べる市販食を適宜与えて体重を維持する方が良いことは間違いないでしょう。
急に調子が悪くなるのであれば腎臓病以外の病気が新たに発生していないかはチェックが必要です。
また、食欲増進剤としてレメロン錠(ミルタザピン)は有効でしょう。ただし、これは人間の抗うつ剤の1つで慎重に使う必要がありますのでご相談下さい。

 

問.吸着剤や活性炭の効果を教えて下さい。

答.コバルジンやネフガードが有名ですね。これらはごはんと一緒に飲むことで、腸管内毒素などが吸着されてそのまま便に排泄されるというものです。
内服することで血液検査の尿素窒素の数値が低下することも報告されています。
ただし、慢性腎臓病の余命を延長する効果は証明されていません。また顆粒状もしくは錠剤であるため内服を続けることが大変でしょう。
さらに腸管内の毒素以外に体に必要なものや他のお薬の成分を吸着しますので、その点にも配慮が必要です。

 

問.飼い主が自宅で皮下点滴をすることはできますか?

答.はい、可能です。動物病院によっては自宅での皮下点滴を認めていない病院もあります。
腎臓病の猫さんの通院ストレス、病院に来ると豹変する(怒る・パニックになる)、飼い主さんが病院の診察時間に来ることができない、などの場合は、皮下点滴のセットをお出しします。皮下点滴の方法もお伝えできます。

 

問.腎臓病になってから吐くことが多いのですが、何か対策はありますか?

答.吐いてしまう原因はいくつか考えられます。尿毒症の1つの症状かもしれませんし、高齢や腎不全の猫さんに多い便秘が原因かもしれません。
腎不全でよく吐くことに対する対処は、
・充分な水分をとること・・・水分の経口摂取、皮下点滴
・便秘があれば対処・・・充分な水分、ラクツロースシロップの使用、重度なら浣腸
・制酸剤(H2ブロッカー)の使用・・・CMで見かける人でも有名なガスター10など。腎臓病になると慢性的な胃酸過多になりやすいことが知られています。
・その他の薬を適宜使用・・・当院ではプロナミド(モサプリド)をよく使います。ただし犬の薬なので猫では効能外使用ということになります。

・・・
実際にはその他にたくさん質問もありますし、知りたい情報もあるでしょうが、全国のネットユーザーにも有用であろう情報をメインに書きました。
この世の中、インターネットを見れば出所の不明な情報が、当たり前のことのように記載されています。
それらは、正しい情報、間違った情報、正しいか間違いか判断のつかない情報に分けられると思いますが、今回の記事を参考にそういった情報を眺めて頂くと有用な情報を取捨選択しやすいではないかと思います。(ほとんどが真偽不明な情報です。)

3回にわたって猫の腎臓病に関して書きました。参考にして頂けたら幸いです。
当院の患者様からは「更新遅いよ! (●`Д´●)ノ」という声も聞こえてきました。

たしかに! 更新頑張ります!