危険な異物誤飲 -チョコレート-

こんにちは。
久し振りになってしまいました。

2月といえばバレンタインデー! といえばチョコレート!

なんと、いつの間にか3月。。。

とはいえ、年間を通して来院・問合せが多い、身近な異物誤飲の代表、チョコレートについて取り上げます。

まず始めに意外と思われるであろうことを書きます。

「私はチョコレート中毒なるものを1度も診たことがありません。」

それは何故か? 理由をヒモ解いていきましょう。

原因

チョコレート中毒は、「テオブロミン」という成分が原因となって起こります。

症状

摂取から1〜4時間以内に嘔吐・下痢・震え・興奮・不整脈・高体温・痙攣発作・昏睡などの症状を起こします。

どれくらい食べたら中毒を起こすの?

文献により大きく違いがありますが、中毒量は体重1kgあたり約20〜92mg以上とされています。
(中毒量参考文献:20mg=犬と猫の治療ガイド2015、92mg=Handbook of veterinary emergency protocols DOG and CAT)

ちなみにスーバーやコンビニで売っているM社やL社のミルクチョコレートは現在1枚50gで、およそ100〜125mgのテオブロミンを含んでいます。

例えば、4kgのトイプードルが◯eijiミルクチョコレートを何枚食べたら中毒を起こすか?
→ 答え:1〜3枚ほど
※ ネギ中毒同様個体差が大きいので注意!

対処・治療法

  1. 少量であれば、
    様子を見てよいでしょう。(ただし、チョコレート中毒ではなく、下痢などの心配はあります)
  2. 不安がある量を食べてしまったら、
    • 2時間以内・・・動物病院で吐かせる処置を受けましょう。
    • 2時間から6時間程度・・・念のため動物病院を受診しましょう。
    • 半日以上経っていたら・・・無症状なら様子を見ましょう。
  3. 中毒症状が出ていたら、
    緊急事態です。動物病院で集中治療を受けましょう。

まとめ

チョコレートを食べても大事に至ることが少ないのは、結構な量を食べないと中毒を起さないからでしょう。
今回の記事を参考に、食べたら危ない量を普段からイメージしておきましょう。
最近では「カカオ70%」のようなカカオの濃いチョコレートも人気ですので、もしかすると今後チョコレート中毒を起こすワンちゃんが増えるかもしれませんね。

ちなみに、猫でチョコレートを食べちゃったという話は聞いたことがありません。猫は苦味が非常に苦手なのと、実は甘みを感じていない(らしい)ことが関係しているのかもしれません。

※2017年3月3日、文章中中毒量の表記を訂正しました。