うさぎドック

よく飼い主さんに「動物は飼ってるんですか?」と聞かれます。

うさぎを飼ってます。」と答えると、ほぼ、「え〜、意外!」と返ってきます。

我が家のうさぎのミロ君(オス)は間もなく9歳を迎えます。うさぎの平均的な寿命を越え、立派なおじいちゃんうさぎです。

ラビット うさぎ
〈病院のイスの下に隠れるの図〉

そんなミロ君。怪獣のような子供3人に囲まれようと、キャリーで移動中だろうと、牧草を動ずることなく、あくることなくむさぼり食べていますが、最近、初期白内障の徴候と、多飲多尿傾向が見られるようになったため、病院にて健康診断をしてみました。
(こういうとき一家に一人獣医さんがいると便利ですね ^^;)

うさぎの採血

その結果、血液検査などに問題はなく、

  • 初期段階の慢性腎臓病
  • 初期白内障

という結果になりました。

14歳を目指して頑張ります!

ちなみにうさぎのこういった健康チェックをするべきか否かに関しては、そのうさぎさんの性格に左右されると思います。
草食動物は、被捕食動物ということもあり外部環境からのストレスに弱く、

  • 「病院」という環境ストレス
  •  保定のストレス
  •  採血など痛みによるストレス

こういったストレスをきっかけに体調を崩すおそれがあります。
まずは生後3ヶ月までに必ず病院で食事に関するアドバイスを受けるようにしましょう。
その後は正しい食生活と体重管理を基本にして、体調(特に食欲と便)に異変を感じたらすぐに病院に行きましょう。

また、いざというときに「うさぎ」をちゃんと診察出来る獣医さんを調べておきましょう。診察しているからといって「うさぎ」をしっかり診ることができるとは限りません。
これは犬猫にも言えることではありますが、大病を患う前に信頼できる、かかりつけ病院を見つけることでご家族とペットの将来に大きな影響を与えるでしょう。


明けましておめでとうございます

みなさま、明けましておめでとうございますm(_ _)m

さて、新春らしいことを何かしようと思いまして、家でヒマをしている3人の子供たちと書き初めをしてみました。
高校1年生以来、なんと20年ぶりのお習字です! 「ひつじ」を書いて練習していましたが子供はすぐに興味を失い公園へ行ってしまったので、一人今年の目標を徒然なるままに書いてみました。

DSC00862

「健康第一」・・・大事ですね。体が基本です。
「確認・再確認」・・・大事ですね。慎重さが求められる医療の現場ではなおさらです。看護師の水口さんに贈る言葉です。
「積極的に」・・・消極的ではいけません。看護師の小林さんと浅見さんに。
「時々息抜」・・・大事ですね。息を抜きすぎな感もありますが。
「真菌培養」・・・語呂がいいだけですね〜。一番うまく書けました♪
「商売繁盛」・・・病院にふさわしくない感じですね〜。でも利益を出さないといい医療を提供できません。経営者として頑張ります。

とまあ今年は平和なお正月でした。元日も電話が鳴ることなく、みなさんが空気読んでくれたのかな?とのんびりしておりました。

それではみなさま、旧年中はたいへんお世話になりました。みなさまのおかげで今の自分、病院が存在することができております。
可能な限り精進して参りますので、本年もどうぞよろしくお願い申し上げます。